白色〜クリーム色の花を咲かせる高山植物を紹介!

スポンサーリンク
まとめ記事

はじめに

山を歩いていると周りに色とりどりのお花が咲いていることがよくあります。

高山植物については「きれいだな〜」というような感想は持つものの、あまり詳しくはないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、代表的な高山植物について簡単に解説していきます。

今回は白色系の花を咲かせる植物について紹介していきます。

コウメバチソウ

8月中旬 早池峰山で撮影

ユキノシタ科 ウメバチソウ属

花期:7月~9月

分布:北海道、本州中部以北

コウメバチソウは山地~高山帯の湿った草地や礫地に生えます。そこそこよく見るお花という印象ですね。

花の直径は1cm程度と小さく、可愛らしいお花です。

花には雄しべの他に仮雄しべがあり、仮雄しべは7~11裂します。

一方、近縁のウメバチソウは仮雄しべが12~22裂する違いがあるので見分ける基準にしてみてください。

ハヤチネウスユキソウ

8月中旬 早池峰山で撮影

キク科 ウスユキソウ属

花期:7月~8月

分布:早池峰山(固有種)

ハヤチネウスユキソウは早池峰山の固有種です。近縁の花として、早池峰山以外の東北の高山ではミヤマウスユキソウ、中央アルプスではヒメウスユキソウが分布します。

いずれも形状はよく似ていますが、大きさが違います。ハヤチネウスユキソウが最も大きく(高さ8〜20cm)、次にミヤマウスユキソウ(高さ4〜15cm)、最も小さいのがヒメウスユキソウ(高さ4〜8cm)です。

ハヤチネウスユキソウは蛇紋岩が、ヒメウスユキソウは花崗岩が露出した風衝地に生えるのが特徴です。

また、ヨーロッパにはセイヨウウスユキソウが分布し、エーデルワイスと呼ばれます。

日本にはセイヨウウスユキソウは分布しませんが、ウスユキソウ属全般をエーデルワイスと呼ぶこともあります。

その中でも本家エーデルワイス(セイヨウウスユキソウ)に最も似ているのがハヤチネウスユキソウだと言われています。

チングルマ

8月中旬 唐松岳で撮影

バラ科 チングルマ属

花期:7月~8月

分布:北海道、本州中部以北

亜高山~高山帯で雪田草原など雪解けが遅い地形に生えます。高山ではよく咲いており、個人的には白色系の高山植物と言えばチングルマが真っ先に思い浮かびます。

高さは10cm程度、花の直径は3cm程度と小さく可愛らしい印象を受けます。花の中心には多数の黄色い雄しべと雌しべがあり、花の中心部が黄色く見えるのが特徴です。

花だけでなく、花後の果穂や初秋の紅葉も美しいので注目してみてください。

ハクサンシャクナゲ

7月中旬 栗駒山で撮影

ツツジ科 ツツジ属

花期:7月

分布:北海道、本州中部以北

亜高山の針葉樹林内や林縁を中心に高山のハイマツ林縁まで分布します。

樹高は亜高山帯では3mに達することもありますが、ハイマツ帯など厳しい環境では50cmに満たないこともあります。

花は淡くクリームがかかる白色で内側に薄い緑色の斑点があります。

近縁種にはキバナシャクナゲ、アズマシャクナゲなどがあります。

種類によって花の色が異なるので印象も全く違ったものとなりますね。天城山で有名なアマギシャクナゲはアズマシャクナゲの一種です。

シシウド

8月中旬 八島湿原で撮影

セリ科 シシウド属

花期:7月〜10月

分布:本州・四国・九州

日当たりの良い山地に幅広く生えます。背丈2〜3m前後の多年草です。

セリ科には似たような花をもつ種類がたくさんあります。

写真はミヤマトウキ(セリ科 シシウド属)、シラネニンジン(セリ科 シラネニンジン属)、ハクサンボウフウ(セリ科 カワラボウフウ属)、イブキボウフウ(セリ科 イブキボウフウ属)です。

いずれも小さな花が傘状に集まるセリ科の特徴を有していますね。

山に登って高山植物を楽しみましょう!

いかがだったでしょうか。高山植物は単に見ているだけでは「きれいだな〜」ぐらいの感想しか抱かないですが、よく観察してみると種類も豊富で似た花などもたくさんあってなかなか奥が深いです。

私もまだまだ知識が不足しているのでこれからも山に登りながら様々なお花を鑑賞しようと思っています。高山植物が豊富な山に登った際には高山植物の紹介なども引き続きしていきますので、登山の記事の方もご覧いただければと思います。

また、今回は白色系の花をつける植物の紹介をしましたが、近いうちに黄色系の花、青〜青紫色の花、赤〜赤紫色の花をつける植物についても同様に紹介をしていこうと思っております。

それではまたっ!

(関連記事)

黄色系の花を咲かせる高山植物

青〜青紫色の花を咲かせる高山植物

コメント

タイトルとURLをコピーしました