【登山靴】コロンビア カラサワ ミスト オムニテックのレビュー

スポンサーリンク
登山グッズ

登山靴って結構な値段がする割に物によって合う合わないがあるので選ぶのが難しいですよね。

最近新しい山靴を購入して、何度か使用してみたのでその感想について書いていきます。

ちなみにアルプス等でのテント泊に対応可能なハイカットのトレッキングシューズを前提としています。

コロンビア カラサワ ミスト オムニテック

購入した登山口はコロンビアの「カラサワ ミスト オムニテック」です。

公式サイトによると以下のように説明されています。

  • グリップ力:乾いた状態はもちろん、濡れた岩場でも高いグリップ力を発揮するヴィブラム メガグリップを搭載した登山靴。
  • 防水性:防水透湿機能オムニテックも備え、雨やぬかるみでも濡れから守り、蒸れを軽減します。
  • アッパーには岩や木の根との摩擦に強く、耐久性・軽量性に優れたポリエステルメッシュを使用。スエード素材と組み合わせることで強度を高めています。
  • 足首周りは厚みを持たせてホールド性とフィット感を両立。日本アルプスなど岩場の多い稜線歩きにも対応するモデルです。

実物を確認した感じではソールの凸凹もしっかりとあってグリップ力に問題はなさそうです。

個人的にコロンビアは結構好きな登山用品メーカーです。価格もお手頃でデザインが好みです。

カラサワ ミスト オムニテックにはブラック以外にもブラウン、ネイビーと色が豊富でおしゃれです。

比較(キャラバンGK8X)

以前まで使用していたキャラバンのGK8Xと比較した感想です。

キャラバンの登山靴はいかにも登山靴ってような見た目ですね。

良い登山靴だったと思いますが、5年ぐらい使っていてソールがすり減ってグリップ力がなくなってしまったので買い替えることにしました。

コロンビア カラサワ ミスト オムニテックとキャラバンGK8Xを簡単に比較した表は以下のようになります。

総合的な評価

良い点

軽い

以前使用していたGK8Xと比較して片足約40g軽量です。40gって聞くとそんなに違いがないように感じますが、実際に歩いてみると全然違います。

かなり軽く感じるため長距離歩いた場合の足への疲労感が少ないです。最近は日帰りのロングコース登山をすることも多いですが、この靴に変えてから距離を伸ばせたような気がします。

耐水性

耐水性の素材としては「ゴアテックス」が有名ですよね。コロンビアの防水透湿機能「オムニテック」についてはあまり知らなかったので少々不安だったのですが、全く問題ないです。

この靴を履いて雪渓歩きや渡渉などを何度かしましたが浸水するなんてことはありませんでした。

注意点

靴紐が結びにくい

コロンビアの靴あるあるです。はじめのうちは靴紐が硬く、ほどけやすい気がします。しばらく使用していると靴紐も柔らかくなって結びやすくはなりますが、慣れるまでは注意が必要です。

少し柔らかい

GK8Xと比べると靴底をはじめ全体的に少し柔らかいように感じます。固い靴がいいのか、柔らかい靴がいいのかは好みによるところもあるとは思いますので固い靴が好みの方は注意が必要です。

個人的には固すぎないため、長時間履いていても足が痛くならなくて悪くはないと思っています。

まとめ

いかがだったでしょうか?個人的にはGK8Xよりもカラサワ ミスト オムニテックの方が合っているように感じます。

人それぞれ足の形も違うので合う靴、合わない靴もあると思いますが参考になれば幸いです。

今回紹介した靴の詳細は以下をご覧ください。

カラサワ ミスト オムニテック(ブラック)

カラサワ ミスト オムニテック(ブラウン)

カラサワ ミスト オムニテック(ネイビー)

GK8X(ブラック)

GK8X(ブラウン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました