毛無山【山梨】富士山と紅葉が美しい。下山後には朝霧高原も

スポンサーリンク
登山レベル低

概要

日時:2018年11月

山梨県と静岡県の県境にある毛無山に登ってきました。毛無山は200名山にも選定されており、不動の滝や山頂からの富士山の眺望が素晴らしいという評判です。

登山レベル 低

コースタイムが短く道もよく整備されているので初心者でも登ることができます。

アクセス

登山の起点は毛無山駐車場

毛無山駐車場は有料(500円)なので注意しましょう。

公共交通機関で行く場合は新富士駅もしくは河口湖駅から朝霧グリーンパーク入口、道の駅朝霧高原までバスが出ているので利用しましょう。バスの時刻表などの詳細は富士急静岡バスのHPをご覧ください。

ルート

ゲート〜五合目〜山頂〜五合目〜ゲート(不動の滝ルートの往復)

コースタイム 5時間20分

毛無山登山記録

登るまで

この日は早朝に出発し、毛無山に向かいました。

11月にもなると寒いので車中泊もなかなか辛いものですよね。

個人的には寒くなってきたらコースタイムの短い山にゆっくりと登るのが好きです。

登山開始

登山を開始したのは10時ごろです。少し遅めですがゆったりとした予定なので何の問題もありません。

この日の麓の天候は良好でした。山頂からの富士山の展望が最高とのことなので期待に胸が膨らみます。

ゲートをくぐってゲート右手の舗装道を進んでいきます。大きな涸れ沢を渡ると分岐があり登山道に入ります。分岐を右手の不動の滝方面に進みます。

登山口から40分ぐらい歩くと不動の滝見晴台に到着します。

この不動の滝は落差が100mの大きな滝で滝だけを見に来る人もいるそうです。

ここからは再度樹林帯が続き景色はほとんど変わりません。

眺望のない樹林帯の登りとなってなかなか辛いですが我慢して登っていきましょう。

さらに登っていくと尾根に出て展望が良くなってきます。

南アルプス方面がよく見えました。天気が良ければ北アルプス方面まで見えるそうです。

山頂に到着!山頂は広くゆったりとするには十分なスペースがあります。

そもそも登山客もそれほど多くもなかったのでゆっくりとできました。

山頂は残念ながらガスっていて展望は全くありませんでした。晴れていたら山頂から見る富士山の展望は素晴らしいとのことです。

山頂でゆっくりしようと思ってカップラーメンを持ってきたのですが、じっとしていると寒すぎたのでカップラーメンを食べたらすぐに下山しました。

眺望もあまり期待できないことですし帰りは来た道を引き返します。時間や体力に余裕があれば地蔵峠まで足を伸ばして周回コースで下っても良いと思います。

富士山展望台からはやや雲がかかっていますが富士山が見えます。富士山まで何も遮るものがないのが素晴らしいですね。

天候が悪いのは山頂付近だけで少し下りてくるとガスは晴れました。

山頂だけガスっているのはよくあることですが何度経験しても悔しいものです...

紅葉もかなり進んでいました。年にもよりますが紅葉の時期は10月中旬から11月中旬あたりです。

不動の滝周辺が紅葉していると景色が素晴らしいとの評判なのですが、今回は不動の滝周辺はすでに紅葉がほとんど終わってしまっていました。

不動の滝周辺の紅葉を見たいのであれば10月下旬〜11月上旬頃が適期なのではないかと思います。

今回登ったのは11月中旬頃。登山口に近い標高の低いところはギリギリ紅葉がきれいでした。

紅葉も素晴らしい毛無山ですが、花が豊富な山としても有名です。

初夏にはミツバツツジやヤマボウシ、クルマユリなどがあちこちで見られると言われています。さらに8月になると南アルプスから種が飛んできたと言われる背丈の高い高山植物の花々が見られます。

標高も1945mと比較的高いので山頂付近は涼しく、花が豊富な夏にも登ってみたいと思わされる山です。

というような感じで無事下山することができました。山頂からの展望は残念な感じでしたが、しっかりと富士山を見ることもできましたし、不動の滝や紅葉など良い景色を見ることができて満足のできる登山でした。

登山後記

下山したら帰り道に道の駅朝霧高原に寄りました。

少し雲はかかっていましたが道の駅朝霧高原からは富士山がよく見えました。もっと晴れた日に来れば素晴らしい展望が期待できそうですね。

道の駅朝霧高原のソフトクリームは非常に美味でした。登山とか関係なく道の駅朝霧高原に行って富士山を見ながらソフトクリームを食べるというだけでも楽しそうです。

毛無山自体も天候が良ければ素晴らしい山であるような雰囲気は感じられましたので天気が良い時に再度登ってみたいと思います。

それではまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました